超小型データロガー(Active Micro Logger)

実機に装着可能。油中でも測定可能!

製品概要

2012年度 計測自動制御学会「技術賞」受賞

回転体等の稼動物体に直接取付可能で、タイプ別にひずみ、温度、電圧といった3種の測定情報収録できる超⼩型かつササンプリング性能を十 分に引き上げた⾼性能データロガーで、多くの測定対象に適⽤し、有⽤性のある新しいタイプの製品です。

パソコンからロガーの作動条件設定や収録開始の制御を行うと伴に、ロガーに収録されたデータをパソコンに転送します。また、データはCSVに保存されますのでその後のデータ加工もカスタマイズ対応致します。

特徴

  • 超小型・軽量(本体約5g(タイプ別))
  • 小型軽量で回転体・稼動部(油中)へ設置が可能
  • 取り扱いが簡便で取付⾃由度が高い
  • AD入力2~6chを3タイプより選択(ひずみ2ch及び4ch・温度4ch及び8ch・電圧入力6ch)
  • 最⾼100KHz 2ch同時サンプル収録が可能(歪入力タイプ)
  • リチウムイオン2次電池使用
  • データメモリ64MB~
  • 絶縁性油による浸漬・滴下及びオイルミストへの対応可
  • 赤外線光センサー受光部搭載(光トリガー入力)

赤外線光センサ受光部を搭載していますので、データ収録の開始、停止のトリガとして機能するとともに、1ビットのデータとしても記録できるため、データロガーの位置情報、他の計測装置との同期情報として利⽤可能です。

仕様

CPU
32ビットマイコン
ADC
12bit 2ch
フラッシュメモリ
64MB
サンプルレート
歪入タイプ:1s/s~100Ks/s
温度入力タイプ:1s/s~1ks/s(各レンジ設定)
収録時間
10Ks/s×2ch 64MB収録で約30分(連続収録)
通信方式
有線通信による条件設定及びデータ転送
本体寸法
36.2×21×4.8mm(MDL1N-2SG 歪2ch入力)
重量
約5g

適用事例

事例 計測センサ 最高回転数(rpm)
エンジンピストン温度計測 熱電対 往復動 6,000
ベルト作用計測 歪ゲージ 楕円運動 2,000
プーリー振動計測 加速度センサ 2,000
ギヤトルク計測 歪ゲージ 6,000
シャフト応力測定 歪ゲージ 6,000
ガス温度測定 熱電対 30,000

応用例

ドライブシャフト・プロペラシャフト応力およびトルク測定

画像+計測データの仮想同期システム

システム構成図


採用情報

新たなる時代への挑戦

日本メカトロンは、産業技術総合試験研究所の次世代電池の共同研究を行っています。新たな時代をリードする最新技術に積極的に挑戦しています。

正規パートナー企業